ショートショート「こたつ」

小説/ショートショート

段ボールの空き箱が部屋の中に無造作に散乱している。

カラのペットボトルが何本も倒れている。

レトルト食品のゴミが散らかっている。

人の腕が転がっている。

指先がピクリと動き出すと、こたつの毛布に包まれた男がゆっくりと体を起こしてきた。

しかし彼は体全てを毛布の外に出すことはできない。毛布から出せるのは上半身のみで、下半身はこたつの中から出すことが出来ない。

こたつの電源は常につきっぱなしで、部屋の中は汗がじんわりと垂れるような暑さだ。

彼の顔は汚れていて、汗をかいていた。

 

ピンポーン

 

彼はこたつの中から棒を取り出した。釣り竿のように伸縮できるようになっており、伸ばすと5メートルほどの長さになった。

先端は手のような構造になっていて、手元のレバーを引いて指を操作できるようになっていた。

男はそれを使い、ドアを開けた。

「…。」

ドアの向こうには男がいた。

その男の表情は哀れみと軽蔑が混ざった顔だった。

彼は部屋の中に入り、こたつの近くに段ボールを置くと。

「…。ここに置いていきますね。」

と一言いって帰ってしまった。

こたつの男はうめき声をあげながら上半身を起こし、机に肘かけるように座った。

彼は箱を開けた。中には2Lペットボトルに入った水が9本入っていた。

彼はキャップを床に捨てると、水を勢いよく飲んだ。

喉を通る音が不気味に響き渡る。

彼の眼は乾いていた。

 

電源ケーブルはゴムの部分に多少の切り傷があったが、切断はされていなかった。

おそらく彼はコンセント抜こうとしたり、ケーブルを切断しようとしたのだろう。

しかし彼の爪が黒焦げているところを見ると、どうやらうまくいかなかったらしい。

部屋の中は時間が止まっている。

こたつの机のふちには、バツ印が一周していた。

いったい彼はいつからここにいて、この生活をしているのか。

 

子供の遊ぶ声が聞こえる。

 

SNSなどフォローお願いします!

▼TEAMラゲシマのTwitter
https://twitter.com/teamrageshima

▼TEAMラゲシマのInstagram
https://www.instagram.com/teamrageshima

▼ネタを送り付けるのはコチラ
https://forms.gle/DQs4omEbAWELEor38

▼ほしいものリスト
https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2ZKDKZAKH1PJT?ref_=wl_share

▼ラゲネコLINEスタンプ発売中
https://line.me/S/sticker/14106384

コメント

タイトルとURLをコピーしました