「バウムクーヘンから学ぶ宇宙の法則」2021年6月6日

日記

画像1

バウムクーヘン

画像2

バウムクーヘンではない

画像3

バウムクーヘン

画像5

バウムクーヘンではない

画像5

バウムクーヘン

バウムクーヘンは完全体だ

これほどまで美しい円はこの世の全てを探しても、バウムクーヘンしかない。

しかしこの世に宇宙がある限り、完璧なものなんかない。

完璧でないからこそ、ズレが生じ、新しく進化できるのだ。

それはこの宇宙さえも同じこと。

この世には完璧なものはない。

画像6

バウムクーヘン。完全の消滅。

バウムクーヘンは少し食べられるだけで先ほどの、神の領域とまで言える完璧な円ではなくなる。

いや、完璧ではなくなることが完璧なことなのかもしれない。

物体の消滅

宇宙で存在している物質の量は変わらない。

川が干ばつして水がなくなったとしても、その水は雨となり別の海に還っていく。

この宇宙全てがそうだ。それが宇宙の法則だ。

このバウムクーヘンは見た目上では少なくなっているが、総量は変わっていない。永遠に変わらない。

現在は私の胃の中にあり、それが時間が経つにつれ、私の血液、筋肉、そして思想に変わっていく。

画像7

バウムクーヘンとしての存在がなくなっていく。

概念の破壊。

破壊。再生。破壊。再生。こうしてこの地球はできてきた。

よってこのバウムクーヘンもいずれは再生される。

画像8

もうすぐ存在がなくなる。

これは人にも似ている。

人も生まれて、また死ぬ。

数えきれぬほどの魂が宇宙をさまよっている。

そもそも宇宙はなぜできたのか。それは誰にもわからない。

しかしバウムクーヘンがなぜできたのかはわかる。

宇宙ができたからだ。

いや、宇宙と同時にできていた、と考えるのが正しい。

なぜなせどんな時代であっても、物質の総量は変わらないのだから。

君はなぜバウムクーヘンに穴が開いているか知っているか?

あの穴から宇宙が生まれたんだ。

画像9

もはや穴はなかった。つまり宇宙の始まりの場所がなくなっていく。

しかし、これは穴が世界を包み込んでいるとも考えられる。

私たちは今、穴の中にいる。

大きな大きな。そしてとても広い穴の中。

それが宇宙だ。

ちなみにバウムクーヘンのカロリーはありえないぐらい高い。

とてもやばい。

 

TEAMラゲシマでした。

 

SNSなどフォローお願いします!

▼TEAMラゲシマのTwitter
https://twitter.com/teamrageshima

▼TEAMラゲシマのInstagram
https://www.instagram.com/teamrageshima

▼ネタを送り付けるのはコチラ
https://forms.gle/DQs4omEbAWELEor38

▼ほしいものリスト
https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2ZKDKZAKH1PJT?ref_=wl_share

▼ラゲネコLINEスタンプ発売中
https://line.me/S/sticker/14106384

コメント

タイトルとURLをコピーしました